スムーズに売る

借地権を買取りしてもらうという時、どのような点に注意をしなければならないのでしょうか。借地権の売買において、 やっぱり、 借地を相続した相続人などにあるパターンなのですが、自己所有建物なのだからということで、 地主の承諾を得ないまま売却してしまうケースが多いようです。

承諾を取るのが面倒くさいということで、サボってしない人たちもひょっとしたらいるかもしれません。そのとき、ラッキーにとやかく言わない地主ならいいのです。しかし、その時点でやっぱり大きなルール違反をしているということを自覚する必要があります。

借地の賃貸借契約を解除されるかもしれません。その段階では、借地権が消滅してしまい、まるで、使えない土地の上に宙に浮いている建物が存在しているようなものなのです。まるで、アニメか何かの世界です。そんな現実離れしていることが簡単に起こってしまうことになります。

最初からこの話しをし続けてますが、地主の承諾をきちんと得ることがとても大事なことです。そのとき、残念ながら承諾を得られず、裁判所に許可を申し立てる場合もあるかもしれません。 ただし、この時、裁判所が借地人に有利な判決を下してくれる訳ではありません。裁判にもならないためにも、地代の支払いを怠らないこと、土地の使用に関するルールはしっかり守り、近隣住民とのトラブルを起こさないで、日々円滑な生活・関係を保つ必要があります。